BRAND STORYBRAND STORY

Rawtus

■ Designer

Ryuichiro ShimazakiとHisako Satoの2人により2008年にブランドを開始。
2人共に“MUJI”出身であり、ナチュラルでシンプルなデザインの基礎を持っている。
"Rawtus"ブランドは2人で1つの服を共作するというスタイルではなく、お互いのデザインでお互いのこだわりで作ったもので構成される為、男性的なテイストと女性的なテイストが混合されて"Rawtus"ブランドが完成する。

■ Brand Name

「そのままの物に新しさをプラスする」という意味を込めて。

■ Our Concept

ブランド名のとおり「そのままの物に新しさをプラスする」ことで生み出されたオリジナルのNew Goat Leather をメインにしたコレクションをベースとしていつの時代でも変わらない普遍性と新しさを感じる革新性のMIXをコンセプトとしている。

■ About Women’s Collection

オリジナルのレザーをメインに、シーズンごとにフィーチャーした素材のみで構成されています。
デザインのテイストはミリタリーやメンズ要素を程よく加えながらそれにプラスするエッセンスとしてドレープなどのクチュールテクニックで仕立てられたドレスやインナーが加わる事で、男性的なテイストと女性的なテイストをMIXした独特の世界観を醸し出しています。

■History

2008年にRyuichiro ShimazakiとHisako Satoでブランドを創設。
やがて2人のアイディアによりブランドオリジナルの皮革素材「New Goat Leather /ニューゴートレザー」を開発し日本国内で特許を取得。
その後、その革の独自性に賭けて世界のマーケットからブランドを発信をすべく2010年PARISにて開催されたWho’s NEXT展にNew Goat Leather だけのコレクションで出展し、世界のバイヤーからNew Goat Leather とRawtusブランドのオリジナリティが高く評価されグローバル展開をスタートさせる。
2016FWシーズンよりブランド商標が海外主要販売地域で取得できたことでブランドロゴ表記をRaw+からRawtusに改める。
現在はニューヨークとパリ、東京をベースに世界的な展開を行っている。

Rawtus

■ Designer

Rawtus was established in 2008 by two designers - one is a female, the other is a male.
We both started off designing for "MUJI", the brand known world-wide for its simple and natural design.
Rawtus now design garments by mixing feminine and masculine elements and its design is only complete when two designers meet as one.

■ Our Concept

We named our brand "Rawtus" with our concept of 'add something NEW to raw material'.

■ About Women’s Collection

We use our original leather each season to which we add one more element or two.
By combining military and masculine taste to feminine dresses and inner-wear designed using haute couture technique such as draping, we come up with items that are masculine but also feminine and gorgeous. This is the iconic quality of Rawtus women collection.

■History

We founded the brand "Rawtus" in 2008.
We began by offering idea and garments to stores and brands in Japan and have also worked on our original garments each season.
Eventually, we came to innovate our original leather by chance.
With that original leather as the key element, we exhibited our collection at "Who's Next 10 Exhibition" in Paris 2010.
Having our new leather being well received, we expanded our market world-wide now dealing with countries such as France, Belgium, Italy, Switzerland and 14 more.
Currently TRANOÏ FEMME as our main showground, we start to deal with many more countries world-wide.

Rawtuscouturiere

■ About couturiere

Rawtus専門の職人によって一点一点ていねいに縫い上げる【 Rawtus /ロゥタス 】のカスタムオーダーメイドのカテゴリーとして2014年にスタート。
couturiere (クチュリエール)とはフランス語で「お針子さん」のことで世界にたった一つの特注品という意味合いを込めています。

NEW GOAT LEATHER

"Rawtus"の革は、今までのレザーはとは全く違った特性を持った新しい皮革です。
普通のレザーは、表は滑らかですが、裏面はスェード状なので一枚で仕立てるとスェード面の塵が体や下に着ている衣服に付着してしまったり、また、色落ちが激しく、革の色が下に着ている服に移ってしまうというストレスがありました。
私達はこのような問題を解決できないだろうか?と考え、改善に取り組んできました。
その結果、一枚で白いTシャツの上に着てもゴミも付かなければ色落ちもしない工夫を考えつきました。
この新しい革は、表と裏が全く同じであり、両面ともに表革のような表面が特徴なので肌触りもとても滑らかです。
更に私達はその革をとても薄く加工し、革とは思えないくらいとても軽く、ジャージーのように柔らく、布のように使える今までのレザーとは全く異なる新しい素材に仕上げました。
そして私達はさらなる工夫として、汗や水を弾く工夫も加え、品質基準でとても厳しい日本の市場で受け入れられるクオリティに仕上げることに成功しました。
私達はこのアイディアで作られた革で、今までの重く、裏地が付いてかさばるレザーウェアとは全く違う、軽く、柔らかく、布地のような使い方が出来て一枚仕立てが可能なウェアをデザインしました。

NEW GOAT LEATHER

■ Designer

Our "NEW GOAT LEATHER" is totally different to the ordinary leather.
Usually leather is smooth on surface but rough on the other side - the side known as "suede".
Suede has its down side that it cannot be worn without lining.
If suede is not lined, it starts to get fuzzy with friction resulting in staining the inner-wear.
We have pursued to solve these issues and all our efforts were fortunately paid off with the innovation of our new leather that can be worn like a piece of white t-shirt,
without having to think about the down side.
Both sides of our new leather has the same surface quality - soft to touch, smooth on skin.
We thinned our leather even more and have achieved to make it extremely light, soft as jersey and fine to combine with other materials just like cotton.
Furthermore, we have added strength against water and persperation.
Now our new leather is wearable unlined.
We are convinced that there has never been a leather like ours.

PAGE TOP